那須たんぽぽ村とは?

那須たんぽぽ村

那須たんぽぽ村は那須塩原市寺子を中心とした農業を主とした地域のコミュニティから発祥し、地域の豊かな自然を保全しつつ、地域経済を活性化しようとして始まった異業種交流と環境保全活動を目的とした地域コミュニティです。

地域の中だけではなく、地域の情報を発信したり、他の地域との交流や移住者との交流なども活発に取り組んでいます。

 

里山の自然を地元と都会の共有資源に

那須たんぽぽ村は環境保全型農業の普及を図り、魅力ある里山のくらしと自然との調和をめざしています。那須地域の希少動植物や那須の自然と良好な環境を守り、里山のくらしと自然体験などを通じて都市の方々との共感の輪を広げ、地域住民の交流と農業理解、環 境学習、自然体験の提供等によって、地域の価値創造を行い、農業が後継されつつ、持続可能なまちづくりをめざしています。

環境をテーマに連携する市民の自発的活動

那須地域は農業や牧場、林業などの一次産業のほか、温泉や観光資源にも恵まれています。こうした幅広い産業相互を「環境とまちづくり」というテーマで連携し、豊かな自然を共有資源として守り、有効的に活用していくことで、持続可能な社会のモデルづくりをめざします。

座禅草

希少植物の座禅草

座禅草の生息する里山を保全 座禅草の生息する里山を保全

座禅草の生息する里山を保全

 

那須たんぽぽ村の取り組み

  • 農産物の有機栽培普及による環境保全事業
  • 都市と地域住民の交流事業
  • 希少動植物の保護とビオトープづくり事業
  • 自然と里山体験のできる冒険の森づくり事業
  • 新規農業者と農業後継者の育成事業
  • 食物残渣を活用した堆肥づくり事業
  • 農産・畜産及び手作り品の販売事業
  • その他、提言活動・環境PR活動など